FC2ブログ


Recent entries
2008/08/04 (Mon) 壊れるほど愛しても
2008/07/11 (Fri) 戦う資格すらない
2008/06/30 (Mon) 今宵の月は…

ああ、あの頃はなぁ…

あ、どうも
侃々諤々ってこれ四字熟語だったんだ、って昨日知った神崎です

『カンカンガクガク』と読むんですよ
愉快ですねぇ


はい、今日はまぁ特に何もなかったので
アルクさんのとパクったりしていろいろお話しましょう


ちなみに
ラブコメは少しずーつ書いてます。
ここに載せた後、また小説家になろうの方にアップしますが






小6
俺は純粋だった。
発つ鳥のいない泉のようにキレイの心だった
自分で言うのも何だけどね


その頃の俺は
『エロは悪徳』
という考えがありました

まぁ多分、周りの人(主に女子?)が若干異質な人間だったからでしょうか
とにかく、下ネタ厳禁でした

さらに言えばその頃の俺は
『完全平和主義者』
でした
『力の乱用は悪』
だったわけですよ
だからH君なんぞに喧嘩売られても買わなかったのです
いやぁ、悔しかった
自分の掲げた思想に縛られて、手が出せないなんて


ちなみに
その頃は紳士でした





高一現在
『エロは美徳』
『ジャンプこそ真の正義』
『力無き正義は無力』

これを掲げています


何が僕を変えたのでしょう





アレは、中学生になってまだそんなに日が経っていない頃だった――――




俺は我がバイブル『BLACK CAT』の画像をパソコンで探していた。

しかしパソコンとは便利だが、時に不要なものまで見つけてしまう



見つけた。


BLACK CATの画像を探していただけだった

しかし、僕がみつけたものは



『セフィリアハード』というクリムゾン発行の凌辱もの同人誌だった。


うん、多分アレが引き金だった


『クリ〇リスってなんだ?』
『ア〇ルってなんだ?』
『イクってどこへ?』

そんな疑問が純粋な少年を汚す結果になるとは…




嗚呼、純粋とは
諸刃の剣だなぁ…








あ、ちなみに
半月との出会いも言っときましょう
もう何度も言った気がしますが



アレは、中学2年生の頃だった――――


俺の昔の日記『ゴッド的エゴイズム(多分当時は神の地球監視記録という名称だった)』を見れば分かると思うが



俺は携帯で待受画面に合いそうな画像を探していた

で とある掲示板にたどり着いた


そこに合った画像は、今まで見たどの画像よりも美麗で、繊細だった
男女が手を繋ぐ姿、これに当時の俺は一発で惹かれた。




そして後日、友人とアニメイトに寄った



そして、見つけた。

あの画像の女の子と同じ女の子の小説を。


そのときは買わなかったが、後日本屋で1~3巻を買った
1日で読み、泣いた

これに感動し、俺はさらなる深みへと足を踏み入れたのだった…










結局は
半月は美徳
ってことよ










小説に時間かけすぎだなぁ俺
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 駄文五重奏, All rights reserved.